改善も予防も可能


しみやそばかすを改善するための技術は年々向上しています。主にレーザー治療が行われますが、以前の医療用レーザー機器では再発が心配されていました。そばかすは表面の色素だけを除去しても時間が経つと再度肌の奥に残っているメラニン色素が出てきてしまうので、レーザー治療にはあまり意味がないと言われていました。しみの場合はしみ自体が良くなっても、レーザーによる炎症が原因で色素沈着が起こることがありました。現在のレーザーでは、そのような問題点をクリアしたものもあり、様々なケースに使用できるようになっています。

現在表面に現れているしみを改善するだけでなく、新たにしみができてしまわないように予防することもできます。しみができにくいようにするためには、肌を健康な状態に保つことが必要です。しみの主な原因は紫外線ですが、ニキビなどの炎症によって色素沈着が起こり、それが原因でしみができることもあるからです。

また健康な肌であればターンオーバーの周期が短くなり、しみができても濃くなる前に新しい肌に生まれ変わります。美容皮膚科ではしみを予防する効果のあるビタミンCやコラーゲン、コエンザイムQ10などを使い、肌の状態を良くしていく施術も受けることができます。